住宅の耐震補強リフォームで建物を強化、災害対策とする

耐震診断をする

住宅の耐震補強をしていないところは災害時に被害に遭う可能性が高いので、補強前には専門業者に依頼して耐震診断をしてもらえば現状を知ることができます。補強が必要な場所を工事することで建物を強化できます。

Read more »

リフォームをする

専門業者に住宅の耐震補強依頼をするときにはまず家の診断をしてもらう必要があります。診断をしてそれからリフォームのプランを決定して業者と依頼主が納得して手続きを完了したら工事を始めていきます。

Read more »

補強の方法

耐震補強をするためにはいくつかの方法がありますが、基本的にはコンクリートで固めて補強するのが一般的です。また他には老朽化した材料の交換や壁や床の補強を行なっていきます。

Read more »

費用を確認する

耐震補強をするときには工事箇所によって費用がかかってしまうので、専門業者に依頼をする前には見積もりを出してもらうと納得して工事を進めることができます。補強だけなら100万以下で行なうことができます。

Read more »


建物を強化する

低予算で大規模修繕を行なうことを目的としている人はこちらがおすすめです。出費する費用が少ないので気楽に利用ができます。

日本では過去に阪神淡路大震災や関東大震災などの大規模な地震被害が起こっています。
土地の地盤が緩んでいるところや耐震補強が十分でない場所はその災害によって多くの被害を出しました。
半倒壊だけではなく全倒壊になってしまった地域も多く、その土地では多くの死者や行方不明者が続出しました。
地震だけではなく自然災害には火山噴火や津波、台風、土砂崩れなど様々なものがあります。
人間一人だけではどれも太刀打ちできない災害ですが、これらの被害を未然に防ぐために住宅の耐震補強をしていれば被害を格段に抑えることができます。
新築の住宅なら材料や工事過程が全て新しいので、中古物件などに比べてとても耐久性が高いです。
ですが築年数が高くなってくると少しずつ建物全体が老朽化してしまいます。
老朽化になると自然と耐久性も落ちてしまうので、耐震補強をしていないと災害が起こったときにすぐ被害が出てしまいます。

耐震補強をするときには土地の地盤がとても重要です。
日本の土地はそれぞれの箇所によって地盤の強さが違うので、地盤を調べるために専門業者に依頼すればその土地の地盤がどうなっているのかを知ることができます。
地震によって建物が揺れる状態は地盤の強さが大きく影響しているため、地震でよく揺れるところは地盤に問題があるといえます。
また耐震補強をするときは壁や床にも意識してみることが大切です。
壁や床も災害で負担を抱えてしまうため、耐震補強で工事をしておけば更に耐久性をアップさせることができます。
災害発生が多くなっている日本では毎回多くの犠牲者を出しているので、少しでも災害による被害を軽減させるために耐震補強をしておけば最悪の事態を抑えることができます。